株式会社スミハツ株式会社スミハツ
English サイトマップ お問合せ
Home 事業案内 工場案内 会社案内 採用情報 お知らせ  
事業案内
事業戦略
板ばね事業
巻ばね事業
軌道事業
   
 
 
  鉄道交通で重要な課題は、高速化、快適性、そして安全性の向上です。それを支える装置の分岐器は、車両を安全に分岐させ、複雑化するダイヤに確実に対応するために欠かせません。

スミハツは分岐器のトップメーカーとして、自動設備(マシニングセンターなどの最新設備)を駆使して大型加工品の自動生産化に取り組み、高い製品精度と性能の維持をつねに図っています。さらに、軌道保守の省力化と自動化技術の研究開発にも力を注いでいます。
   
 
   
 
 
  分岐器は、車両を安全に分岐するための重要な装置です。スミハツは、分岐器の設計、製作、組立を一貫して行ない、多くのお客様へ納入しています。
     
 
     
   
     
 
   
 
   
PAGE TOP
 
 
 
  レール締結装置は、新幹線、在来線、クレーン、エレベーターなど幅広い用途に使用されています。スミハツは、板ばね、線ばねの材料を使用したレール締結部品を製作し、国内外のお客様に納入しています。
     
 
     
   
     
 
   
 
   
   
PAGE TOP
 
 
  ウレタン樹脂発泡体を用いて不飽和ポリエステルを含浸し、ガラス繊維を強化した合成まくらぎ(金型成型品)。現在、分岐器用としてお客様へ納入し、騒音と振動の低減効果で高い評価を得ています。
  (SIZE:477KB)
 
 
  分岐器ポイント部の保守軽減と不転換防止を目的に、当社の合成まくらぎを使用したラダー構造のグリッドまくらぎをJR東日本殿と共同開発しました。グリッドまくらぎ分岐器として設計を含め、各鉄道会社様へ敷設されています。
 
 
 
  関節ポイントヒール部に他部品と併用できる直角狂い防止金具や、抵抗力の向上機能を持ったボルト式アンチクリーパー。また、レール締結部にセラミックを溶射した座金等、分岐器内のふく進による不転換防止部品を製造しています。
 
   
PAGE TOP
 
(C)2003-2004 SUMIHATSU Co., Ltd All Right Reserved.